選択科目Ⅱ-2の試験対策

公開日:2014年3月19日
 最終更新日:2014年11月28日

このページでは選択科目Ⅱ-2の試験対策について説明します。まず、選択科目Ⅱ-2の概要を紹介します。

  • 問題内容
    選択科目に関係する業務に関し、与えられた条件に合わせて、専門的知識や実務経験に基づいて業務遂行手順が説明でき、業務上で留意すべき点や工夫を要する点等についての認識があるかを問う
  • この問題で問われる応用能力とは
    これまでに習得した専門的知識や経験等に基づいて、与えられた条件に合わせて正しく問題点を認識し、必要な分析を行い、適切な業務プロセスや留意すべき内容を説明できる能力
  • 出題数
    2問出題して1問解答
  • 解答枚数
    各問題600字詰め原稿用紙2枚

出題形式

選択科目Ⅱ-2の問題では、1つの問題が複数の設問で構成されており、それぞれの設問について答えを求めています。問題によってバラツキはありますが、それぞれの設問は概ね次のようなものです。

  • 事前に調査すべきこと
  • 予想される技術的課題
  • 業務を進める手順
  • 設計を進める上での留意事項

設問の中には、箇条書きで答えるように求めているものもあります。

試験対策

選択科目Ⅱ-2の問題では応用能力が問われるのですが、日本技術士会が定義している応用能力の説明どおりの問題となっています(上の「この試験で問われる応用能力とは」を参照)。

注意しておくべき点は選択科目Ⅱ-2は技術的体験論文では無いということです。自身の技術的体験を盛り込む必要はありません。それぞれの設問で求められていること、手順なら手順、課題なら課題を記述しましょう。

選択科目Ⅱ-2の問題は、実際に自分が経験したことのあるテーマなら比較的対応がしやすいです。しかし、2問しか出題されないので経験のしたことのないテーマに対応しなければならない可能性が高いでしょう。

試験対策としては過去問から出題されやすいテーマを抽出し、そのテーマに対して上の出題形式で示した設問の答えを調べて頭に叩き込んでおくと良いでしょう。

このページの先頭へ