選択科目Ⅱ-1の試験対策

公開日:2014年3月18日
 最終更新日:2014年11月28日

このページでは選択科目Ⅱ-1の試験対策について説明します。まず、選択科目Ⅱ-1の概要を紹介します。

  • 問題内容
    技術部門における不可欠な技術、社会的に重要なキーワード、業務における関連法規・制度等に対する専門知識を問う
  • 出題数
    4問出題して2問解答
  • 解答枚数
    各問題600字詰め原稿用紙1枚、合計2枚

広く浅く勉強する

選択科目Ⅱ-1では、4問の中から2問を選びます。選択の余地があまり無い出題方式なので山を張ると外す確率が高いです。確実に問題に対応できるように技術分野全体の勉強をしておきましょう。

ただ、1問あたりの解答枚数が1枚なので深い知識までは書けませんし求められてもいないでしょう。選択科目Ⅱ-1の勉強スタンスは「広く浅く」で行くのが良いでしょう。

解答枚数が減ると簡単になったと感じるかもしれません。しかし、限られた用紙に記述すべき内容をコンパクトにまとめるのにも案外容易ではありません。解答枚数が減ってもしっかり準備して試験に望む必要があります。

過去問から出題傾向を押さえる

選択科目Ⅱ-1の平成25年度の過去問を読むと、次のような形式で問題が出されています。

  • ○○の意味とその求め方を説明せよ
  • ○○を算定する際に考慮すべきことを説明せよ
  • ○○について留意点を説明せよ
  • ○○に該当するものを3つ挙げ、それぞれの特徴を説明せよ
  • ○○の構造上の工夫を述べよ
  • ○○について説明せよ。また、△△と比較してその長所と短所を述べよ

選択科目Ⅱ-1は、あなたが専門知識を持っているかを確認するための問題です。応用能力や課題解決能力を問うものではありません。あなたの技術的経験を解答に取り入れたりはせず、求められていることのみを回答しましょう。

出題傾向を把握するために、過去問からどんなテーマが出題されているのかを確認しましょう。繰り返し出題されているテーマは今後も出題される可能性が高いので確実に押さえておきましょう。

このページの先頭へ